5月の稲作作業 畦塗り、代掻き・田植え

menu

5月 畦塗り、代掻き・田植え

2019年度作業・授業日 5月12日(畦塗り、代掻き)・5月26日(田植え)

田植えができるよう、田んぼを整備してから田植えをします。

田んぼを整備では、水がまんべんなくいきわたるよう、地を平らにし、水が漏れないよう、周りに泥を塗って土手を作ります。

 

2019年度作業・授業日 5月12日(畦塗り、代掻き)・5月26日(田植え)

 

以下OBメモ

 

<刈払(かりばらい)機の使い方>
燃料を入れて、スイッチをオンにして、
最初だけ燃料を送るボタンを押して、
チョーク(?)で空気を少し入れ、紐を
引っ張るとエンジンが入る。
スクーターみたいにハンドル回して
アクセルをふかしてみる。

 

<荒れ地整備>
刈払機でカットした草を鍬で集めて火をつけて燃やす。

 

2016年4月16日の様子です。

 

田植え

今回はコシヒカリで3~4本植え

今回植える田んぼは3~4年使っていない
田んぼなので栄養がある!栄養がある場合,昔ながらの有機の田植えは正条植え(尺角植え)で30センチ角。

ただし栄養があると稲穂が大きくなり、
自分の稲穂の重みで倒れやすくなる。それを防ぐために密植したり株数を多くすることで
葉のほうに栄養を使い、穂を小さくすることで倒れ
にくくするというやり方もある。

今回はバランスを考え、20cm×30cmぐらいで植えてみることに。

一般的に言うと20×30はどちらかというと疎植。
標準は大体18×30、密植は15×30位

 

<植え方>
浅いと浮いてきてしまうし、深いと分けつできない。
根と葉の境目ぐらいまでを土に埋める感じ。
ちょっと手前に引くような感じで植えるといい感じ。

 

^