9月の稲作作業 コシヒカリの稲刈り

menu

9月 コシヒカリの稲刈り、おだがけ

2018年度作業日 9月9日

稲刈りをし、刈った稲はおだにかけます。
おだがけをしてじっくり天日干しをすることで熟成し、さらにお米の甘みが増し、おいしいお米になります。

2019年度作業・授業日 9月8日

 

以下OB作業メモ。
予習復習にお役立てください。

また、みんなで補充していきましょう。

 

<稲刈りの方法>
稲を順手で持ち、刈る。上からかぶせるように次の稲をもち、刈る。
コシヒカリで5束ぐらい(男性(吉井さん)は手が少し余るぐらい、女性は片手で持てるか持てないぐらい、)
また、今回のこしひかりで5束ぐらい同じように刈り、互い違いに置く。

腰に巻いていたわらを3.4本取り、軽く回して1本になるようにし、
利き手を上に反対の手を下に手の甲を上にし、
親指でわらを挟み、そのまま手を横にする。
この時に手と手の間隔はわらの束の直径より短く。
そうすることによって回した時にしっかり締まる。

そのまま稲の束にわらの紐を上からかぶせ、
稲を持ち上げ、反対にひねることによってまず稲をわらで1回り。
その後ぐるっと1回り。反対側の腰に持ち替えることでもう1回り。

あとはわらをひねって輪っかを作り、わらの中に入れて止める。

最後に2つに分けて、竹で作っておいたおだがけにかける。

 

^